痩せて彼氏を取り戻しました

陥落させたい相手が病で弱気になっているときは特に本心からの言葉や思いやりの気持ちを告げると、スピーディーに相手を手繰り寄せられるというゆえに、勝負どころである。
「次はどこかに食事に行ってください」と尋ねて、「いつかそのうちイケたら」と相手の人から回答が届くようなら、ほとんどといっていいほど成功する可能性は絶望的。
どんなふうにして"女性らしさ"(代表的なものでは優しさ、癒し、包容力など)を親しくなりたい男性に伝えるのかが必ず必要なことであり、全てを満たすといってもいい。男性に魅力的に見てもらおうとする姿を見て男性は惚れる。
「余裕がない」が普通の状態の女性は×。「声をかけても忙しくて振られそう」と男性があきらめてデートの誘いを囁くのをやってみない場合が多いだろう。
一般的に考えが固いと言われる女友達というくだらないものは、口説かれたい男性とのチャンスがあっても仲間にせずに、運命の二人のチャンスを台無しにしてやろうとする。
男性というものは、意思の疎通をするのが苦手な動物。「ちょっかいを出す」行動を、意識せずに選んでしまっていることばっかり。反対に言えば、無意識のからかうという動作の選択でコミュニケーションをうまくとることができない異性との交流が生まれる。
周りのことを考えないことばかり言いそうだと思われている「ギャル系ですという女」は男側から近くに寄せてもらえない人が少なくない。「出かけてても、振り回されることが多く、ぐったりする」と思われている事実があるということ。
つまり、一目惚れってのは「あなた自身の理想でつくられた実在しない恋人にメロメロに恋している」現象です。このメカニズムは「イメージの投影」というよくある心の動きといえる。

http://ishikawauwaki.sblo.jp/