2014年11月

人生を語らず

人生を語らず

(公開: 2014年11月30日 (日))

今日は久しぶりに寝坊して、慌てて会社に来ました。と、いうのも、先週末に息子の幼稚園でバザーがあり、その息子が代休という形で、本日月曜日が休みであったためか、自然と昨日の夜から、お休みモードに我が家全体がなっており、そのムードに私も飲まれてしまったということです。息子はまだ5歳で、本当にまだまだ小さい存在であることには変わらないのですが、わたし個人の、また我が家の住人としての存在は、その空気を変えてしまうほど大きくなってきたのだなと改めて感じさせていただきました。 まあ遅刻せずに会社には到着できましたが、朝の雰囲気というか状態というのは、いくら頑張っても、自身のどこかにその結果が残ってしまっていると感じます。というのは、朝なんとなくいつもの調子が出なかった日は、一日が終わり振り返るとなにか調子が今一歩であったとか、朝慌て気味であった日は、何か一日が気ぜわしかったなどと、朝が1日を左右している傾向が私には大きいです。 そう考えると、毎朝、余裕をもって時間を過ごし、もっと有意義に時間を使えば、毎日の生活も、人生をもが変わっていくのではと思ったりもします。おすすめ 自動車保険見積もりスターライト

最後の勤務日

最後の勤務日

(公開: 2014年11月29日 (土))

これまで家電量販店で働いていたのですが、育児に専念する必要が出てきて、家で仕事をすることにしたため、昨日は最後の勤務日となりました。スタッフ同士仲が良く、最後の勤務が終わると「本当に辞めるのか」と何人もの人から声をかけていただき、とても嬉しかったです。 ちょっと前には歓送会も開いてくれました。気の合う仲間と語りあっていたら、知らぬ間に時間が過ぎ、気がついたら夜中2時ぐらいになっていました。時間を忘れて語りあうなんて、すごく久しぶりで、いい息抜きになりました。とはいいつつ、帰ってやっと寝たと思ったら、早起きの娘に起こされ、大変でしたが...。 仕事仲間は貴重なので、これからもお付き合いさせていただければ有難いなと思います。「子どもさん連れて、また店に遊びにきてね」とも言っていただいたので、また、折をみて連れていきたいと思います。これから始まる新たな生活にむけて、不安もありますが、精一杯頑張りたいと思います。 カードローンならスピードサーチ

運命の人

運命の人

(公開: 2014年11月24日 (月))

先日世にも奇妙な物語の名作集を録画しておいたのですが、なかなか面白いエピソードがありました。 ここのところ某有名トレンディ俳優さんとの交際がささやかれている倉科カナさんが主演の運命の人とかそういったタイトルだったと思います。物語で彼女は結婚を間近にせまった男性と交際をしているのですが、とある喫茶店にいると大分年配の男性が「私はあなたの運命の人だ」といって現れます。 彼女はそんなわけはないといって彼のいうことを否定しますが、彼は今は年をとってしまったけど、私の住む世界では私たちは同い年だったと主張します。それなので彼女が自分しか知らないような質問をすると彼はそれをいとも簡単に答えていきます。 彼女も次第に彼の言うことを受け入れて、逆に彼に未来の自分はどんな人生を歩んだのかといった類の質問をしてはまだ見ぬ世界に胸を膨らませていくのでした。 しかし、次第に彼女は今同棲している男性が自分にとっての運命の人ではないことにも気づいていくのでした。 とてもあっさりした物語でしたが短編ならではの面白さがありました。債務整理するなら借金返済すぐ楽にしたいあなたへ

『ローマの教室で~我らの佳き日々~』

『ローマの教室で~我らの佳き日々~』

(公開: 2014年11月 7日 (金))

高校生を指導するような物語だと思っていたら、実は先生の方に焦点を当て、彼らが生徒たちと向き合うことによって起こる化学変化が主題です。 オープニングから、アメリカ映画や邦画には無い雰囲気が漂う。これぞヨーロッパという感じです。 冒頭は偏屈なフィオリートの「これが私だ」というナレーションで始まるが、彼の一人称で物語が進む訳ではなく、このナレーションはここだけのものだった。 それにしても授業の内容が日本とかなり違うのにはびっくりする。 暗記を中心にした詰め込み型ではなく、国語の授業であっても詩の暗唱だけでなく、哲学的な講義も行っている。教室でちょっとやんちゃっぽいチャッカであっても、隔行韻とかいう詩を作っていたし。 こうやって論理的な思考の訓練を行い、暗喩や比喩が上手くなる訳だと納得です。 面白いのはそれぞれの変化の仕方。 まずジュリアーナは、教えるのは学校の中だけでという考えの持ち主で、それをジョヴァンニにも求めます。 しかし行きがかり上自分が面倒を見ることになった、母親に何回も逃げられている生徒については、その世話の殆どが学校の外で、彼の入院の手続等までして、その後も何くれと面倒を見ることになります。 その生徒がジュリアーナに求めた差し入れの中に漫画があり、日本の漫画文化がイタリアでも浸透していることが窺える。しかし「らんま1/2」はわかるが、「ヘンタイ」という漫画があるのか『まあ、ありそうだが』についてはわからなかったです。中古車査定 一括査定プラチナム

わたしの苦手なこと...

わたしの苦手なこと...

(公開: 2014年11月 5日 (水))

書類の作成がとても苦手です。下書きをしているのになぜか間違えてしまいます。たぶん根っからの粗忽者なのでしょうね。この間なんて、とある書類を会社に提出しなければならず、記入の手引きまでもらったのに3度書き直しました。3度目には担当者も呆れていましたが、誰より呆れているのはわたしです。これが生涯で何度目の失敗であることか...。どれだけ注意しても一向に治る気配がないのですから、もはや自分に呆れ果ててしまっています。脱毛ラボ 予約