運命の人

先日世にも奇妙な物語の名作集を録画しておいたのですが、なかなか面白いエピソードがありました。 ここのところ某有名トレンディ俳優さんとの交際がささやかれている倉科カナさんが主演の運命の人とかそういったタイトルだったと思います。物語で彼女は結婚を間近にせまった男性と交際をしているのですが、とある喫茶店にいると大分年配の男性が「私はあなたの運命の人だ」といって現れます。 彼女はそんなわけはないといって彼のいうことを否定しますが、彼は今は年をとってしまったけど、私の住む世界では私たちは同い年だったと主張します。それなので彼女が自分しか知らないような質問をすると彼はそれをいとも簡単に答えていきます。 彼女も次第に彼の言うことを受け入れて、逆に彼に未来の自分はどんな人生を歩んだのかといった類の質問をしてはまだ見ぬ世界に胸を膨らませていくのでした。 しかし、次第に彼女は今同棲している男性が自分にとっての運命の人ではないことにも気づいていくのでした。 とてもあっさりした物語でしたが短編ならではの面白さがありました。債務整理するなら借金返済すぐ楽にしたいあなたへ